ロストワックスとは


ロストワックスとはワックス(蝋)を削って原型を作り、石膏で型を取り、キャスト(鋳造)し作品を作る方法です。 宝飾品を作る際に良く用いられる技法です。


スクールでの作業は次のように進めます。

①ワックス作業
アトリエで皆様が行います。

②キャスト
宝飾鋳造の専門家に依頼します。 (出来上がるまで1~2週間かかります)

③仕上げ作業
アトリエで皆様が行います。

ワックスで製作する作品を選択しますと、 キャストが入るのでワックス作業と仕上げ作業との間に 1~2週間ほど日にちを空けて来て頂く事になります。
プラチナで制作する場合、仕上げが難しいのでワックス作業のみとなります(私達が仕上げ後、お渡しいたします)。