《スクール》「火むら」について

シルバー(銀)でのアクセサリー、ジュエリー制作で避けられない「火むら」について

純銀(銀100%)は柔らか過ぎて宝飾品には向きません。そこで、銀に銅を混ぜる事により使用に耐えられる硬さにします。
シルバー製品に多く見られる925の刻印は92.5%が銀、残りの7.5%が割金の銅を表しています(メーカーによって、割金に銅以外の金属が含んでいる場合もあります)。
シルバー925(950)の地金を加工していると、ぶつけた時にできる「青あざ」のようなシミが現れます。これは割金の銅が表面に現れてたものです。それを「火むら」と言います(950より925の方が出やすいです)。

銅を割金に使っている以上「火むら」はシルバーの宝飾品制作で避けられないものなのです。